2018年おすすめミニベロ ブランド 定番モデルを紹介!初めての一台を見つけよう

ミニベロ

ストップ&ゴーが多い街中でも快適に走る事が出来る「ミニベロ 」。

最近、大人気のクロスバイクより気軽に乗る事が出来ることから注目度が上がってきています。

ちょっとした街乗りやポタリングをするならミニベロ が最適!

今回はそんなミニベロ の人気定番ブランド&モデルを紹介したいと思います。

 

ダホン [DAHON]

ダホン [DAHON]

折りたたみミニベロ といえばダホン [DAHON]と言うくらい超有名ブランドです。

ミニベロ は「タイヤが小さいから走行性能が良くない」の概念を打ち砕いたみんなの憧れのブランドです。

他の有名ブランドに比べても種類が豊富です。

超高級折りたたみミニベロ からお手頃価格まであるので自分のスタイルに合わせて探してみてください。

ダホンの定番はこのボードウォークD7。

初めての一台にぴったりです。

ダホンの最大の特徴は全てのモデルが簡単に折りたたみ出来ることです。

折りたたみミニベロ をお探しならダホン一択です。

2018年モデルを紹介した動画もあるのでそちらも参考にしてください。

気に入ったモデルがはありましたか?

価格とカラーは販売店で確認してみてください。

 

ビアンキ(BIANCHI)

ビアンキは最も古い歴史を持つ老舗イタリアバイクブランド。

青空を意味する「チェレステ」カラーが有名ですね。

僕もクロスバイクのチェレステカラーを購入する程とてもキレイな色です。

ビアンキのミニベロ は女性にも大人気です。

デザインがとても可愛いので少し良い自転車に乗りたい女の子におすすめです。

にじいろジーンで奥菜恵さんも乗っていましたね。

BIANCHIミニベロ の人気のモデル

  • MINIVELO-8 
  • MINIVELO-7

MINIVELO-8 はハンドルが数種類あります。

ロードバイクみたいなドロップハンドルや牛のツノのようなブルハンドルが選べます。

少し変わったミニベロ をお探しならハンドルを変えるだけで乗り心地が違う感覚が味わえるのでおすすめです。

 

MINIVELO-7は定番のバーハンドルがとても乗りやすく街乗りにぴったりのモデルです。

ノンブランドの安価なミニベロ と違い、素人でもペダルを一漕ぎするだけでその走行性能の違いがわかるくらい出来が良いです。

レディースモデルもあり初めてのミニベロ にオススメしたい自転車です。

 

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

ルイガノって名前を見るとフランス語のブランドと勘違いされやすいですが、実はフランスではなくてカナダのブランドって知ってました?

よくライト層向けの自転車雑誌で紹介されています。

デザインがオシャレなものが多いので、街でよくルイガノを見かける事が増えました。

ルイガノの定番ミニベロ と言えばLGS-S7。

街で見かけるルイガノのミニベロ は大体これが多いです。

これと言って飛び抜けた性能はありませんが、街乗りで使うなら十二分の性能なので見た目が気に入ったらこれで間違えなさそうですね!

 

ジオス(GIOS)

GIOS

ジオスはイタリアのトリノ郊外で生まれたロードレーサーのブランド。

何とも言えないイタリアンブルー通称GIOSブルーが有名ですね。

ロードレーサーのブランドだけあってドロップハンドルのミニベロ が良く似合います。

やっぱり定番モデルはGIOSブルーのドロップハンドルがついたミニベロ ですね!

乗ったらその走りに驚かされる事間違えなし!

こんな小さなタイヤなのにどうしてこんなに早く走る事が出来るんだろうと思わせてくれるミニベロ です。

スポーツタイプのミニベロ が欲しい方はGIOSがオススメです。

 

ドッペルゲンガー(Doppelgänger)

己の道をいけ、言いたい奴には言わせておけ。がコンセプトのドッペルゲンガー。

他のブランドとは少し異色で面白い自転車が多いです。

デザインも奇抜なものが多く人と違ったミニベロ を探しているならオススメのブランドです。

ドッペルゲンガーのミニベロ と言えばこれでしょう。

このデザインと黒とオレンジの配色。

しかも値段もお手頃なので学生に大人気です。

一緒に読んで欲しい記事

ミニベロ

小さいタイヤの自転車「ミニベロ」 はどんな自転車?

2018年4月21日

自転車のオススメライト!電池式とUSB充電式ランキング!

2018年4月10日